なんと含水率35.5%(標準20%)

住宅診断・住宅検査はホームインスペクション名古屋

無料相談のお問合せ 052-588-6700【受付時間】10:00-19:00 【定休日】水曜日・日曜日

※インスペクション中につき、連絡が取りづらい事がある旨、御了承くださいませ。その際はこちらよりおってご連絡申し上げます。

なんと含水率35.5%(標準20%)

【新築アパート 名古屋市内】新築アパート診断事例

なんと含水率35.5%(標準20%)

新築アパートの診断にて。

木造のアパートの診断で、柱の含水率を計測しました。

なんと含水率35.5%!

標準の含水率は20%です。

一般的に含水率が大きいと、部材の強度が弱くなります。

このままでは、木材が乾燥し収縮するので、建物自体が傾いてしまうかもしれません。

なぜこんなにも含水率が高いのか。

この事例も、建築途中だからこそ確認できる事例です。

住宅診断では、完成する前、建築途中でないと診断ができない箇所もあります。

可能であれば、建築途中からの診断をおすすめします。