住宅診断・住宅検査はホームインスペクション名古屋

無料相談のお問合せ 052-588-6700【受付時間】10:00-19:00 【定休日】水曜日・日曜日

※インスペクション中につき、連絡が取りづらい事がある旨、御了承くださいませ。その際はこちらよりおってご連絡申し上げます。

断熱材に隙間ができています

【新築住宅 東濃地区】新築住宅診断事例

断熱材に隙間ができています

せっかく断熱材を敷いているのに、断熱材と断熱材の間にすき間が空いていては、断熱材を敷く意味がありません。

断熱材にすき間が空いていると、断熱性能がなくなる以外に、冬の季節などは暖房による室内の温度と、外気の温度差によって、結露が発生します。

結露によって各種部材の性能が低下したり、カビが発生したりする原因にもなってしまいます(^^;

こういう事例は、家が完成してからではわかりずらいです。

ぜひとも建築中に診断しておきたいポイントです。

完成後でも「赤外線サーモグラフィー診断」である程度診断することは可能です。