うっかりミス。建築金物のボルトが緩んでいます

住宅診断・住宅検査はホームインスペクション名古屋

無料相談のお問合せ 052-588-6700【受付時間】10:00-19:00 【定休日】水曜日・日曜日

※インスペクション中につき、連絡が取りづらい事がある旨、御了承くださいませ。その際はこちらよりおってご連絡申し上げます。

  1. トップページ
  2. 住宅診断事例トップ
  3. 住宅診断事例-新築一戸建て住宅
  4. うっかりミス。建築金物のボルトが緩んでいます

うっかりミス。建築金物のボルトが緩んでいます

【新築住宅、名古屋市内】新築住宅診断事例

建築金物のボルトが緩んでいます。

ボルトが緩んでいます。

すべての金物の施工は完了していて、単純な施工忘れかと思われます。

金物(かなもの)とは、2×4を含む木造住宅において、構造物や柱の強度を補強するために、柱と柱の接合で使用する「ボルト」や「かすがい」、筋かい部分で使う「筋かい金物」など、部材の接合や補強のために使う金属部材のことです。

特に耐震性を強化するには欠かせないパーツです。

今回の状況では、金物を使っている意味が全くありません。

これは、明らかなうっかりミスだと思います。

このようなうっかり忘れは、あらゆる住宅診断現場で、結構目にします。

特に木造住宅での『金物』は要チェックです。